<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
東京
夏頃から東京へ連れて行って、と母にせがまれていました。 ようやく実現。はとバス観光を満喫しました。ヤッタv 新幹線を降りたらちょうどランチタイム。丸ビルのカフェで軽いランチ。 プレートの大きさとてんこ盛りのサラダにびっくり。びっくり 世界に二台しかないという”はと丸くん”バス。 初日は半日コースで、皇居→浅草→東京タワー。 タワーを出るころには日も落ちて、ライトアップされたタワーを楽しむことができました。 タワーの前では、クリスマス・イルミネーションも始まっていて若いカップルで賑わっていました。 ツァーの終了時間に合わせて長女と東京駅南口で待ち合わせ。 銀座で夕食後、ブラブラしてたらたまたまApple銀座店が目の前に。 ちょうど、i-phoneに機種変更したばかりで使い勝手がわからなくて困っていたところだったので、ショップの店員さんに教えてもらいました。 なんとも不思議な店内。スタッフとお客さんの仕切りがなく、レジカウンターもなし。 フラットな空間に混在しています。 支払いは、担当のスタッフがi-phoneで決済します。 ショップの前面も総ガラス張りでしたが、エレベーターも然り。 中には上り、下り、階などのボタンは一切なくて、自動で各階に止まります。 翌日も晴天、11月下旬だというのに汗ばむくらいの陽気です。 はとバス一日コースです。たくさん歩くコースは母にはきついだろうから遅めのスタートコースをチョイス。 六本木ヒルズ→ホテル・オークラでランチ→相田みつを美術館→旧岩崎邸 ”みつを”は皆さんご存知のように私の愛読書です。 いつも生徒さんへのお便りと一緒に、お気に入りをコピーしてお渡ししています。 東日本大震災にあたり、数々の作品が様々な場面で使われていました。 来年用のカレンダーを購入しました。 今年、特にリクエストの多かった12作品を、館長(みつをの長男)が選ばれたそうです。 もう、来年のことを考えるような時期になりましたね。 今年も残すところ1ヶ月。 検定試験・クリスマスパーティ・保護者懇談会などなど、忙しい日々がやってきます。 今年は、大雪になるのかしら??? このまま暖冬であってほしいkomm
郡上八幡
 8連休 まさかのお留守番眠い
どこへも行かず、ひたすらハウスクリーニングとジム通いに費やした7日間。
最後の一日、明日からまたお仕事・お仕事
お天気もいいのでちょいとドライブ。ドライブ
北陸東海道を名古屋方面に向かって走るといつも左手に郡上の街並みや長良川が見下ろせます。
また、復路ではライトアップされた八幡城が山頂に小さく見えます。
   

 上がり口から徒歩18分、とありましたが最初からあまりにも急な勾配で諦めモードに。困った
しかし、通りがかった地元のおじさんに聞くと車でもお城まで上がれるとのこと、車で行くことに。
が・・・・・・、一方通行の急勾配で、まるで日光の”いろは坂” 180度の折り返しを何度も繰り返し、しかも道幅が超〜狭くてガードレールも無し!うそ
折り返し地点が狭すぎて、大型車は数回切り返しをしなければ上がれません。
助手席の私からは、がけ下までしっかり見下ろせるので冷や汗ものでした。びっくり  
こんな山頂によくまあこれだけのお城を建てられたものだと、感心しました。

 お城からは、長良川を中心とした街並みが全て見下ろせます。  
上がり口に”山之内一豊とその妻”の像。
”千代”は郡上八幡城の初代城主、遠藤盛数の娘だったという説もあるそうです。
こじんまりとした小規模の城下町、高山ともちょっと似た雰囲気。
街中には川が流れています。
 
ゆったりとした時の流れを感じさせてくれる町でした。  
世界遺産巡り
 たった一日で気温が10℃も下がりすっかり涼しくなりましたが、9月半ばまでは厳しい残暑が続いていました。  

 そのもっとも暑かった週末に長女がやってきました。
休暇を取って4泊5日の”世界遺産めぐり”の旅の最終目的地です。  

 ちょっと大げさかもきゃvネコ  
東京を出発して、奈良・京都を回り富山入りしました。
  菅沼合掌集落にて。  
 手打ちそばとイワナの塩焼きのランチをいただきました。
村は、すっかり世界遺産の観光地としてきれいに整備されています。
   

 翌日曜日は朝からガンガン暑くて猛暑日となりました。
金沢市内観光。写真は、東茶屋街です。    

 数年ぶりに訪れた「志摩」という御茶屋さんは、手荷物の持ち込みが禁止となっていました。入口にあるロッカーに手荷物を預けて中を回ります。  
 その後、兼六園・忍者寺・武家屋敷etc.とお決まりのコースを回ります。

 どこへ行っても暑くて・・・汗だく困った困った困った  
愛犬のチワワ二匹を連れてきていたので、週末の3日間我が家には4匹のワンちゃんがいました。ガーンネコ
京都
 京都も暑い!
日本中どこもかしこも暑い日々ですが、やはり京都も格段に暑かった。



平安神宮、暑さのせいか人影はまばらです。





銀閣寺の竹林、ここは日陰なのでさほど暑さは感じませんでした。



清水寺です。
この舞台から春は桜、秋は紅葉の素晴らしい景観が見られるのですが。





どんより曇り空、時々のスコールもあって風が心地よく感じられました。

翌日は嵯峨野へ。
トロッコ電車に乗って「保津川下り」を楽しみました。

 

 



およそ2時間の川下り。
いささか料金が高くてビックリしましたが、3人の船頭さんが船の端から端まで走り回って船を操る姿はとても大変そうで、納得しました。
川風が気持ちよくて、感動の2時間でした。
紅葉狩り

  連日のTVでの”紅葉”特集を見て、どうしても京都へ行きたくなった母。 

私も行きたかったし、普段なかなか親孝行できないので日帰りで行って来ました。

 高岡発7:38のサンダーバード。静かに滑るように走ります。
シートも足元もゆったり。二時間半で京都駅に到着。

 JR西口を出ると、伊勢丹のすぐ前に京阪バスの”定期観光バス”乗り場があります。
予め予約しておいたバスよりも早いバスに空席があったので、すぐに出発。

 ”京の半日コース” 先ずは金閣寺


金閣寺 
 紅葉の赤と”金”のコントラストがきれいでした。
以前は18金で塗られていたものを、18金は剥げやすいので昭和の終りに
24金に塗り替えられたそうです。
 総工費7億数千万

 修復後のわずか一ヶ月の拝観料で全額回収できたとのことでした。

 次に訪れたのは、
清水寺
ここは中学の修学旅行以来、何年ぶりでしょう。
お寺に上がるまでの小路の両側に並ぶお土産店は、たくさんの観光客で
混雑を極めています。
 母とはぐれないようにしっかり手をつないで歩きました。
母娘二人旅も学生時代以来なら、手をつなぐのも子どもの頃以来

清水寺 

 5000本の紅葉が植えられているそうです
紅葉のピークは過ぎたとのことでしたが、清水の舞台からの眺めは壮大でした。
清水寺

 銀閣寺は金閣寺とはうって変わり”わびとさび”の世界。
入場券を買う人たちの長蛇の列で入り口付近は大混雑。30分待ち
がしか〜し、既にチケットを持っている私たち観光バスの乗客はスイスイと。

 改めて観光バスの特典に感激する私たち親子。
銀閣寺

 ”春の”秋のの頃、京都は一番混雑するそうです。

「ようこそ、おいでやす」で始まり、「おおきに」で締めくくり。

 渋滞は覚悟の上でしたが、耳に心地よい京都アクセントのガイドを聞きながら、
西本願寺・二条城・北野天満宮・京都御苑・鴨川・南座・平安神宮・南禅寺・烏丸通り・
東本願寺など、車窓からも京都の秋を堪能しました。

 今週から、生徒さんの検定一次試験が始まります。
私も明日はTOEICを受験に行ってきます。”レベルチェックと自己啓発”のため、
というと聞こえはいいけど・・・勉強してませ〜ん 
東京二人旅


 築地の”すし一番”でランチ。おいしゅうございました。
お友達と二人だけで3日間の東京旅行。
 娘たちがいるので東京には度々行きますが、観光目的だけで行くのは久々です。3日間とも好天に恵まれ汗ばむくらいでした。

 ランチの後は、友人の希望でテレビ局巡り。先ずは汐留の日テレへ。

 

 この大きなからくり時計は宮崎駿produceによるもの。
続いてお台場のフジテレビへ。

 

 球体の中にある25F展望台から出たところで、フジテレビのスタッフからお料理についてのインタビューを受けました。

 「お料理は好きですか?」
「いいえ、あまり好きな方ではありません。」 
 「どんなところが嫌いですか?」
「下ごしらえが面倒だと感じる事があります。」
でインタビューが始まったので、絶対編集でカットされるだろうと安心して好き放題、その後も気楽にインタビューに答えていました。

 が、最後に”松本いよ”の調理器具のTVショッピング番組のインタビューだと聞かされました。
つまり、手抜き料理に欠かせないフードプロセッサーの販売目的のインタビューでした。ひょっとしたらオンエアされるかも・・・。
ただ、関東地区のみの番組らしいので安心しました。ニコニコ
 12月3日(金)午前11時くらいからの番組だそうです。

  

 夜は浜松町の日の出埠頭から出ている”シンフォニー”のディナー・クルーズを予約していたので、それまでの数時間、銀座三越で優雅にお茶を楽しみました。ビルの角位地にある2階のティールームからは、歩行者天国の通りの様子が見られます。お向かいには毎年「日本一地価の高い場所」として報道される”和光”のイルミネーションが輝いています。

 ディナー・クルーズ、今回はイタリアンのコースで予約。
前回(3年前)はバイキングでした。どうしても食べ過ぎてしまうので・・たらーっ

     

 二日目は予め予約しておいた”はとバス”で日光へ!バス

 生まれてはじめての”はとバス”体験。ガイドさんの説明を聞きながらの道中は良かったですね。首都高速を走りながら車窓の景色についての詳しい説明にいちいち感嘆するお客さんたち。

 電車を何回も乗り換えて行くと、東京から日光までは3時間半かかるそうですが、はとバスでの所要時間は2時間でした。先ずは華厳の滝

 

 中禅寺湖でお弁当を頂いてから、湖畔を散策。 
続いて日光東照宮
前日は冷え込んで凍えていたそうですが、この日は快晴。晴れ

     

 東照宮とその前にある鳥居を直線で結んだ延長線上に”皇居”があるそうです。つまりかつて”江戸城”のあった場所ですね。
 
 13日〜14日に横浜みなとみらいで開催されたAPECの厳戒警備により、その1週間前から東京の全ての駅ではコインロッカーが封鎖され使用禁止。ゴミ箱も封鎖されていました。

 東京駅構内で見かけたお巡りさんに「写真撮らせてもらっていいですか?」と、お願いしたらポーズを取ってくれました。てれちゃう

 

 最終日。表参道ヒルズでお茶してから表に出ると、やたら目に付く日の丸とちょうちん飾り。そして警察官とSP。

   

 「どなたかお通りになるのでしょうか?」
「明治神宮に参拝された天皇・皇后両陛下が20分後にここを通られます。」
と、日の丸の小旗を配っている年配の方々がいらっしゃいました。

 人だかりに混ざって私たちもお見送り。
美智子皇后様のお顔を間近で拝見する事ができました。ラブラブ

 急ぎ足で羽田空港へ。ジョギング帰りの便は3:50発。
その前に新国際ターミナルも見なくっちゃ!ラブ飛行機
成田はいつも暗い感じがするのですが、羽田は明るくてとてもきれいでした。お土産とレストランが並ぶ”江戸小路”はとてもオシャレでしたよ。

 国際線ターミナルと国内線ターミナルを巡回している無料シャトルバスがありました。ANAのある第2ターミナルまでわずか6分です。便利になりますね。拍手
アメリカ紀行 その3 Boston
 ワシントンから約1時間半のフライトでボストンに到着。
Jet Blue の運賃は$58。

ちなみにNYからWADCまでのAmtrakの運賃は$128でした。

ボストンからNYまでのフライト運賃もこれまた格安で$39びっくり

 日本国内の航空運賃も早くこれくらい安くならないかな。
数千円で移動できるようになれば、北海道と東京に親戚が多い我が家は、
非常に家計が助かるのですが。ノーノー



 マサチューセッツ州のstate houseです。
ボストンのローガン空港へは、Jeremyのママが迎えに来てくれました。
市内のビジネス街にあるパパのオフィスへ行って合流し、近くの中華街でランチをごちそうになりました。パクッJeremyのパパは弁護士です。
 
 ランチの後、ママが市内を案内してくれました。
レンガ造りの建物が多い町並みでした。

  

 今夜はJeremyのおうちでお泊り。
パパのお姉さんがイスラエルから遊びに来ていました。
高校生の息子さんも一緒でした。この時期2週間の休暇があるそうです。

 

 広々としたリビングダイニング。
二匹のラブラドールがゆったりこの中を行き来しています。
裏庭はサッカーができるほどの広さ。大型犬が十分に運動できます。

 私たちは地下にあるゲストルームに泊めていただきました。
ワンルームですが、40畳くらいあります。ポッ

 

 翌朝、みごとな秋晴れ。おうちの周りを散策しました。
高級住宅街なのでしょう。立派なお屋敷が並んでいます。

 

 お散歩の後、ベーグルとコーヒーのアメリカンブレックファストをいただきました。
 ママに送ってもらって、ハーバード大学へ。
何という広さ。キャンパスが1つの街になっています。

 

 ”Love Story”の映画で見たハーバード大学の正門です。







 キャンパスが広すぎて、中にはバスも走っています。路線バス
学生たちの多くは自転車で移動しています。ここに何万人の学生がいるのかしら?ラッキー
 大学のグッズを販売しているショップで、ロゴ入りTシャツを購入して
ちょっとアカデミックな気分に。ニコニコ

 午後、お世話になったママに別れを告げて、空港のレストランで遅めのランチ。ディナー

ボストンと言えば”クラムチャウダー”と”ロブスター”

と、ボストンに行く前から楽しみにしていた息子は、ここでようやく夢が叶って大満足。またしてもお昼からビールで乾杯。ビール
 
 夕刻NYに到着。ここで息子ともお別れ。元気でいなさいね。パー
さあ、お土産買わなくっちゃ。ジョギング最後の夜です。


 ニューヨーク、眠らぬ街。


 
アメリカ紀行 その2 Washington DC


 移動手段として是非、電車にも乗ってみたかった私たちは28日朝、NYのペンシルベニア駅からAmtrakでワシントンに向かいました。
 約3時間で到着。ユニオン駅もグランドセントラル駅に負けず劣らず、立派な建物でした。
 NYにどっぷり浸かっている息子は、
「うわぉ、タクシーが黄色じゃねぇ!」と驚嘆。びっくり

 NYのYellow Cabには運転席と客席の間にガラスの仕切りが設けられていますが、それもありません。

 ホテルに荷物を置いてから、スタッフお薦めのシーフードレストランでランチ。
レストランの中は、スーツ姿の紳士や淑女たちがおしとやかにお食事中。NYの騒々しさとはかけ離れた雰囲気。まるで別世界です。
ワシントンの住民の7〜8割りは公務員とのこと。タクシーの運転手さんによると、住民の殆どがリッチな人々なので、街は静かで落ち着いていると。

  

 夫はサーモン、私はホタテ、息子はシーフードカレーをオーダーしました。夫も息子もお昼からワインを飲めるので大喜び。パクッディナー

 同じ造りの集合住宅ですが、1戸ずつ違った色にペンキが塗られています。

 

 朝から降っていた雨もランチが終わる頃には上がり、リンカーン記念堂へと向かいました。

 


 写真や映画などではよく見たこのリンカーン像。圧巻でした。ひらめき



 リンカーンが見下ろす眼下に広がるこの池は、かのフォレスト・ガンプが泳いだ所、そしてスピーチをした場所です。
 真っ正面にはワシントンモニュメントがそびえます。
そしてその向こうにはCapitol Hillが。つまり、リンカーンが常に国会を見つめていると言うわけです。



 こちらは、Capitol Hillの後ろ側。オバマ大統領が就任演説をした場所です。
 そして表正面の写真です。こちら側で議員たちがよくTVのインタビューなどを受けていますね。



 ワシントンメモリアルよりも高い建物を建ててはいけない条例があるそうで、いわゆる高層ビルなどはありません。

 最後にホワイトハウスです。



 明日は、ダレス空港からボストンに向かいます。





アメリカ紀行 その1 New York


 1日夜に帰国してから3日も経つのにいまだ時差ぼけでぼーっとしている私。ムニョムニョ
 楽しかった思い出を New York, Washington DC, Boston の3部作で報告しようと思います。

 先ずは New York から。
 夜のTimes Square です。いろんな人種がいるわいるわ!
渋谷のスクランブル交差点や新宿駅にも匹敵するくらいの混雑ぶり。
深夜になっても人の減る気配がありません。





 翌日は、早朝からマンハッタンサウスのフェリー乗り場へ。 
いざ、リバティー島へ。

   

 自由の女神の中に入って上まで上れるらしいのですが、一番高い
”crown ticket”は大人気で、ネットで予約しても半年待ちとか・・・。
 私たちは外からだけ眺めていました。風が心地よかったです。

 数年前、城端中学校でALTをしていたAちゃんとランチの約束をしていたのでsouthportで待ち合わせ。息子ともここで3年ぶりに再会します。
二人ともどんなに変わっているかしら・・・ドキドキ。ラブ

 Hi! Long time no see!
変わってない!二人とも!3年前と同じ笑顔!

 

 ランチの後はグランド・ゼロへ。新しいビルの建設工事が始まってもう何年になるのでしょうか。当初の予定では2010年完成だったそうですが、全然できていません。あと10年くらいかかりそう。

 

 Aちゃんとさよならして、ウォール街へと向かいました。TVでお馴染みの証券取引所です。金曜日の夕方、もう証券取引は終了していたので国旗は下ろされていました。
 すぐ近くにあるトリニティ・チャーチ。夕方のミサが行われていました。

  

 NY3日目。早朝からメトロポリタン美術館へ。


  

 ゴッホ・ピカソ・ゴーギャン・モネ・ルノアール・セザンヌ・エルグレコ・・・etc.
巨匠たちの作品が無造作にこれでもかこれでもか、というくらい数限りなく展示されています。丸一日かけても全部見れないかも。
 しかも撮影OK!びっくりなんです。

 中にはレストランやカフェもあり、美術に造詣の深い方には日がな一日ゆっくり鑑賞するのもいいかも。

 お昼に息子と待ち合わせ。美術館の隣の通りでは歩行者天国のフリーマーケットとなって屋台がたくさん出ていました。ここで腹ごしらえ。

 

 午後からは、市民の憩いの場セントラルパークへ。
その前に、パークwestに位置する”ダコタハウス”へ。
そうです。John Lennon がかつて住んでいて、そしてその玄関先で射殺された場所です。

  

 ここから、通りを渡るとすぐにセントラルパークに入れます。
少し進むと strawberry field があります。

 







 たくさん歩いたので足が棒になっちゃいました。タクシーでmidtownへ。
ロックフェラーセンターの展望台から眺める景色。
中央に見えるのはエンパイア・ステートビルです。
WTCビルが2001年に崩壊してからはまた、最高位ビルとなっています。



 グランド・セントラル駅は歴史的建造物として有名です。
丸天井に描かれた星座の絵も素晴らしかったです。



この駅の構内にある”Oyster Bar”で夕食を、と思って行ったのですがなんと日曜日はお休み!冷や汗
その他、midtownのショップも殆どが日曜日は早仕舞いで5時には閉店。
日本ではありえませんよね。
 夕食後、ブロードウェイでミュージカルを見るつもりだったのですが、これまた日曜日は昼の部しか上演していなくて、3時で終了。困惑
がっかりでした。次回のお楽しみにしましょう。ニコニコ

 明日はワシントンDCへ行きます。

 
New York
 NY行きまであと1週間となりました。
http://www.earthcam.com/usa/newyork/timessquare/?cam=46hd
 円高は嬉しいけど、今朝のワイドショーで、NYで南京虫(床シラミ)大発生!のニュースに震え上がっていますが。



 2007年の秋に渡航した息子とおよそ3年ぶりに会って来ます。
ほとんど他人になりかけているので、ちょっと怖い。
来月末に発表会を控えているので、生徒さんたちにはご迷惑をおかけします・・・。たらーっ

 NYに3日間、その後ワシントンDCに1泊、その後ボストンまで足を延ばし、元ALTのJ君のご実家に息子と夫と三人でお泊りさせてもらいます。ラッキー
J君は今も大阪にいます。

 3年前の夏、J君のご両親が来日の際に我が家にdinnerにお招きしました。
"Thank you for sending us Matsuzaka."とRed Soxファンのパパに言われ
"Thank you for sending us your son. He's a really nice guy. "
と言ったら、ママがすかさず

"Yes, I think so."ラブ

と言われたのに驚きました。
息子さんを心から誇りに思っていらっしゃる。
私は、口が裂けても言えませぬ。困惑

 今年のお正月、J君の妹とそのボーイフレンドも我が家に滞在しました。
美しく礼儀正しい若者たち。楽しかったです。グッド

 いよいよアメリカ初上陸の日が近づいてきました。
たくさん勉強してきます、遊んできます、楽しんできますね。