<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏休み in 北海道 | main | 2012 発表会 >>
中英杯 富山県大会
 8月25日(土) 高岡市ふれあい福祉センターにて、中学生のスピーチコンテスト「中英杯」富山県大会が 開催されました。手

  


当教室からは2年生:5名、1年生:16名が参加しました。6月から少しずつ練習を積み重ね本番に臨みました。惜しくも入賞はできませんでしたが、大きなステージで立派に発表できたことは一人一人の大きな成長に繋がったことと確信しています。ヤッタvヤッタvヤッタv

 入賞者のすばらしいスピーチを聞いての感想と、自分のスピーチへの反省も合わせて来年へのステップになればと思い、参加者に400字程度で感想文を書いてもらいました。以下、一部抜粋して紹介します。

「中英杯を終えて」
・家で練習して完璧に覚えていたのに、本番でステージに立つと足がガタガタ震えて何度もまちがえてしまいました。来年はもっとしっかり覚えたいです。
・ステージに立つ前からとても緊張していました。私は覚えるだけでも大変だったのに、他の人はとても上手で聞いている人に話しかけるようにジェスチャーなども交えていたからです。1年生の人が1位になったのですごい!と思いました。
・入賞者はジェスチャーをしたり、客席全体を見渡したりして語りかけるように話していました。きっとすごく練習したに違いありません。次の中英杯ではもっと努力して入賞したいです。
・私はギリギリになってスピーチを暗記したので、本番で感情を込めたり、発音を意識することなどできませんでした。声も小さく棒読みだったと思います。入賞者は長い間たくさんの練習をしてきたのだろうと思いました。来年はこの経験をもとに頑張りたいです。
・県大会だけあって参加者のレベルが高くて驚きました。一人一人が振りをつけてスピーチを自分のものにしていました。同じスピーチでも感情が込められるとこんなに違うのだと改めて感じました。大勢の人の前ですごく緊張して思い通りのスピーチをすることができなかったのが残念でした。来年に向けて、日頃から一つ一つの発音に気をつけていきたいです。
・僕は「間違えないように、止まらないように」だけ考えて練習していたのが良くなかったと思います。入賞者のスピーチは色々工夫をしていてとてもすごかったです。僕は感情を込めて言うのは苦手だけど、次回はできたらいいなと思います。
・僕は自分の番が近づいてくると、上手だった人のことを思い出し段々怖くなりました。ステージでは足が震え、何度か途中で詰まり、後悔ばかりが残りました。自分が余裕をもって練習しなかったからだと思います。これからはちゃんと練習して人前に出ても上がらないようになりたいです。
・僕は初めて中英杯に参加して、小学生の発表会とは比べ物にならない長文と、大勢の前で一人で発表するというプレッシャーを強く感じました。もっと早く暗記を仕上げて、スピーチの発音・抑揚・ペースなどに気を付け、スピーチを自分のものにして来年の中英杯に臨みたいと思います。
・私と他の人との違い、それは聞いている人に伝えようとする表現力だと思います。それがあれば、不安が自身に変わり、聞いている人に伝わりやすくなると思います。これからは相手に伝える気持ちを大切に頑張りたいです。

来年は、きっと入賞者が出ることでしょう!♪
COMMENT









Trackback URL
http://blog.kiyomiecc.com/trackback/1068567
TRACKBACK